脱毛の仕組みって?

メラニン色素に作用する

業務用脱毛機には多くの種類がありますが、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーのようなレーザー脱毛機とIPL方式のフラッシュ脱毛機はムダ毛に含まれているメラニン色素を目印としてダメージを与えていきます。そのため手足にレーザーやフラッシュを照射するだけでムダ毛を肌の奥深くから処理できるというメリットがあります。このメラニン色素はムダ毛を黒くする成分なので、含有量が多い両わきやVIOラインのムダ毛に対して脱毛効果が高くなる性質がありますが、その反面、顔の産毛や白髪などには反応が鈍くなるので注意が必要です。さらに日焼けやシミが多い部分、肌色が濃いなど色素沈着している場合は施術時に肌にかかる負担が増してきます。

ジェルや熱エネルギーを利用した脱毛方法

メラニン色素を利用した脱毛方法以外には、ジェルを使うSSC方式や熱エネルギーの性質を使用するSHR方式があります。この2つの脱毛マシンはフラッシュ脱毛に分類されるので、脱毛サロンやエステサロンでも受けることが可能です。SSC方式はフラッシュを肌に当てる前にビーンズジェルを塗りますが、ここにはトレジャービーンズという抑毛効果のある成分が配合されています。このトレジャービーンズをフラッシュと作用させることでムダ毛の生成を抑えることが期待できます。それに対してSHR方式はムダ毛の周辺の発毛因子に熱エネルギーを与えていきます。これにより毛穴にムダ毛がない状態でも脱毛効果を得られるというメリットがあります。

脱毛の値段はサロンによって違いもありますが、脱毛する部位や回数によっても変わります。部位が指定されているコースや全身脱毛コースであれば、料金が一律に設定されていることが多いため、わかりやすいでしょう。